ホームページのリニューアルについて

この度レベルF株式会社は
ホームページをリニューアルいたしました。

より使いやすく、よりコンテンツを増やし深くレベルFを知っていただけるよう、日々更新を行っていければと考えております。

自社ホームページ構築で気を使った点1.サイトの読み込み速度

レベルFのホームページはワードプレスで構築しておりますが、どうしてもHTMLに比べると読み込み速度は遅くなります。
ページを開くまでに時間がかかったり、画像がゆっくり表示されるようだと見てくださるお客様側にもストレスがかかります。

いまや高速化を目的としたワードプレスプラグインも多数用意されております。
SEOの評価にも関わるとも言われているだけに、ホームページ制作をする上で考えるべき項目の一つであることは間違いないでしょう。

自社ホームページ構築で気を使った点2.ブラウザ幅

いまやユーザーは様々な環境からホームページにアクセスします。
スマートフォンサイトやタブレットはもちろんのこと、パソコンからのアクセスもひとくくりにするわけにはいきません。

わかりやすく言えば、ノートパソコンとデスクトップパソコンでディスプレイの大きさは異なるので、ホームページの見え方も異なります。
そのためレベルFのホームページはブラウザ幅を3段階に分けてページレイアウトが変更されるように制作をいたしました。

横幅を全て%で分けるという作り方もありますが、今回は異なるcssを読み込ませる方法です。

これにより、%で分けるよりも比較的自由なレイアウト構成が可能です。

自社ホームページ構築で気を使った点3.フォントのスタイルと大きさ

要するにテキストです。
明朝体にするかゴシック体にするかでホームページの印象はガラリと変わります。
個人的には明朝体も綺麗で好きですが、今回は文字の大きさを標準より少し小さめを意識しておりますので、そうなると圧倒的にゴシック体の方が読みやすい。

部分的に英語部分はGoogleフォントを利用し、少しだけ雰囲気を柔らかくしています。
ホームページのデザインをする上で、色やレイアウトと同じくらいこのフォントの選定というのは重要だと考えております。

今回はあまりおしゃれを狙い過ぎず、読んでいただくことを第一に心がけました。

まとめ

ここでは詳しい説明はまるまる省略させていただきましたが、
ホームページのデザインも流行り廃りがあります。

しっかりと目的に沿ったホームページを制作することが一番です。

今後もより使いやすいホームページにできるよう日々更新に努めてまいります。
お気付きの点あれば、どんなことでもお問い合わせください。

今後ともご贔屓のほど、どうぞよろしくお願いいたします。