皆さんこんにちは!
レベルF株式会社石川です。

今回は便利なphotoshopのショートカットキーについて書いていきたいと思います。

ホームページ作るとき必ず行うデザインの制作。
限られた時間の中でどれだけクライアントのニーズに合ったデザイン・コンテンツにするか。
・・・正直いくら時間があっても足りません(笑)

そんな時に時間短縮に使えるのがショートカットキーです。
同じ作業を行うならかかる時間は少ない方が絶対にいいに決まってる。
これを全部使いこなせれば作業時間は格段に短くなるでしょう!!

photoshop Windows編

img01

【よく使う編集メニューについて】
◆戻る  Ctrl & Z
◆1つ戻る  Ctrl & alt & Z
◆1つ進む  Ctrl & Shift & Z
◆コピー  Ctrl & C
◆切り取り  Ctrl & X
◆貼り付け  Ctrl & V
◆塗りつぶし  Shift & F5
◆自由変形  Ctrl & T
◆拡大  Ctrl & +
◆縮小  Ctrl & –
【ツール機能について】
◆長方形・楕円形選択ツール  M
◆移動ツール  V
◆なげなわ・多角形選択・マグネット選択ツール  L
◆クイック選択・自動選択ツール  W
◆切り抜き・遠近法の切り抜き・スライス・スライス選択ツール  C
◆スポイト・3Dマテリアルスポイト・カラーサンプラー・ものさし・注釈・カウントツール  I
◆スポット修復ブラシ・修復ブラシ・パッチ・コンテンツに応じた移動・赤目修正ツール  J
◆ブラシ・鉛筆・色の置き換え・混合ブラシツール  B
◆コピースタンプ・パターンスタンプツール  S
◆ヒストリーブラシ・アートヒストリーブラシツール  Y
◆消しゴム・背景消しゴム・マジック消しゴムツール  E
◆グラデーション・塗りつぶし・3Dマテリアルドロップツール  G
◆覆い焼き・焼き込み・スポンジ  O
◆ペンツール・フリーフォームペンツール  P
◆文字ツール  T
◆パス選択ツール  A
◆長方形や楕円形・カスタムシェイプツールツール  U
◆手のひらツール  H
◆回転ビューツール  R
◆ズーム  Z
【覚えておくと便利なファイルメニューについて】
◆新規製作  Ctrl & N
◆ファイル追加  Ctrl & O
◆上書き保存  Ctrl & S
◆名前を付けて保存  Ctrl & Shift & S
◆印刷  Ctrl & P
どうでしょう皆さんすべてご存知でしたか?
上記に記載したショートカットキーはデザイン制作を行う上で使用頻度が高いショートカットキーです。
上記のすべて使いこなせれば作業効率はグーンと上がるので是非試してみてください。
また、上記に記載した以外にもphotoshopにはたくさんの便利なショートカットキーがあります。
そちらも是非覚えてみてはいかがでしょうか!!

初めに

初めまして、デザーナー兼コーダーの川端です。
私が初めてホームページを制作したのは今から5年前、友人に依頼されたのがきっかけでした。
制作における知識や経験が一切無かった私が一番最初にとった行動
それは某検索エンジンサイトにて【ホームページ 作り方】と打ち込んでエンターキーをカチャーーン!
0からのスタートです。
完成には約半年かかりました。
目も当てられないクオリティーだったのは言うまでもありません。
ホームページの運用目的が”個人の自己紹介”程度であれば独学で時間を掛けて作るのも有りだとは思いますが、それ以外の運用方法であるのならば悪い事は言いません。
プロの方々にお任せする事を推奨させていただきます。

それでは具体的に考察していきましょう。

 

sub

制作時間>クオリティー

当たり前のことですが、独学にてホームページを制作するには全てを1から調べて行う方法しかありません。
ですので、知識皆無の方がそれなりのホームページを1から作ろうとすると制作時間は確実に100時間を超えるはずです。
時給1,000円と仮定して【時給x制作時間=100,000円】
初めて制作するホームページに上記金額の価値が発生するのであれば問題無いのですが、恐らく非常に厳しいかと思います。
それであれば同金額をプロの方に支払って制作していただいた方が時間もお金も無駄にせずに済むのではないでしょうか?

例外としまして、将来Web制作の仕事を目指す方であればガンガン作って経験を蓄積していくのも『先行投資』として有りだと思います。

本来の目的

ホームページ制作を行うという事は、完成したホームページを何かしらの目的に対し活用したいという思いが原動力になっていると考えます。

『企業紹介及び営業支援』
『商品の販促効果向上』
『エンタメ系の広報』
『アフィリエイトでガッポッポ』

上記以外にも様々な目的があると思いますが、全てのホームページにおいて共通するのは
【完成・公開がゴールではない】
という事です。

PCにインストールするソフトの様に、肝心なのは【使用(運用)方法】だというのは言うまでもありません。こればかりはいくら独学で制作経験を積んだとしても、依頼人に利益をもたらす事までは難しいかと思います。ホームページを利用しての利益発生に欠かせないのは市場調査はもちろんの事、綿密なマーケティングが必須と言えます。

どの業界の依頼人においてもWeb制作を行う者に求められるのは
【ホームページから発生する利益】
つまり『制作』と『運用』の両方が求められる事となります。

独学可能は『制作』まで
『運用』は実務経験ありき
これは現在においても実感しております。

結論

『ホームページを作るだけ』であれば素人の独学でも制作時間を定めなければ完成させる事は可能である一方、本来の目的である『依頼人の利益』に繋げる事は限りなく難しい事だと考えます。

今現在、各企業がホームページを持つのは当然となっています。
10年程前であれば『ホームページがある』というだけで信頼及び好印象に繋げる事が容易でありましたが、現状において同意を得る為には
『綿密な企画・構成』
『視覚印象に残るデザイン』
『操作性の高い構築』
以上の要素を含めつつ、他とは差別化された独自性が必要不可欠になると考えています。
そしてこれらは時代と共に日進月歩でもある為、何かの片手間に制作するという事が『限りなく難しい』と私が考える理由となります。

以上の事から
【趣味レベルであれば独学で】
【そうでなければプロへ依頼】

が最善と考えます。

ご清覧ありがとうございました。