photo0

六本木の21_21 DESIGN SIGHTで開催されている「デザインの解剖展:身近なものから世界を見る方法」を見に行ってきました。
感想は…
スゴい!
こんなにも分解、解説してくれるのかっていうくらいに徹底して商品からパッケージから説明してくれています。

まずは、きのこの山の解剖へ!

photo01
なぜこのような色を使用しているのか説明されています。

photo02
きのこをなぜこのように配置しているのか。こんな理由が存在しているんですね。

photo03
巨大きのこの山の断面。こんなものもあります。

続いて、明治ブルガリアヨーグルトの解剖へ!

こちらでも明治ブルガリアヨーグルトのパッケージデザインを中心に見てきました。

photo04
なぜ青を使用しているのか、なぜこの青や白を使用しているのか。

photo05
知ってほしい情報を確実に消費者に見せるべくこのデザイン・フォントにしているという。

photo06
陳列された際のことも考えたフタのデザイン。

その他、明治ミルクチョコレート・明治エッセルスーパーカップ・明治おいしい牛乳も同じようにそれぞれ商品の味の理由以外にもパッケージデザインが解剖されています。
興味をもった方は是非足を運んでみて下さい!

「デザインの解剖展」に行ってきました!まとめ

やはり売れる商品(長く愛されている商品)は味そのものだけではなくパッケージデザインも秀逸で合理的にデザインされていることがわかります。
世の中にはさまざまなデザインが溢れていますが、その一つ一つにデザイナーの考えがありこうして解剖してみると事細かにデザイン設計されていてとても面白い企画だと思いました。

私自身も他の商品のデザインを解剖して、そのデザインの意図を汲み取ってみると面白いかなと思うので次回のブログまでにはやっておきたいと思います。

正直デザインをしていて考えても全然出てこなくて悩む人も多いと思います。私もその一人です。
その時にふらっとコンビニ等に行きデザインのヒントを探してみると意外なアイディアがそこにはあるかもしれません。