レベルF株式会社

バイク王カンパニー
レベルF株式会社のホームページ制作に関してどのようにアプローチをしたか
どのような人間が携わりどのように進行したかをごらんください。
HOME >制作実績 >バイク王カンパニー

バイク王カンパニー

関わったメンバー:今野優宇 / けんさん / おじょー /

広告費をかけないでも集客できるランディングページを作りたい

バイク買取最大手のバイク王カンパニー様からのご依頼でした。

ターゲットは「古い農機具の売却を考えている方」

ランディングページ制作でまず先に行うべきことは、デザイン制作でも構成制作でもなく、マーケティング(市場)調査。

農機具の買取を専門としている企業様は少なく、その割には需要が多く、チャンスのある市場でした。

その中で、「バイク王カンパニー」というブランド力を如何なく発揮させ、「わかりやすいランディングページに仕上げるとともに、「コンテンツSEOに力を入れる」という、ランディングページという枠にこだわらない制作を行いました。

コンバージョンポイントを明白に

まず、農機具を売りたい層はどの層かという点を考えなくてはなりません。

(最近ではペルソナを作るなどと言います。)

農機具を売りたい方は、多くの場合は農家の方でしょう。 そして、日頃からパソコンを駆使して仕事をしているような方に比べて、インターネットでの申し込みに抵抗がある/苦手という事実があります。

そのため、お申し込みフォームはごちゃごちゃさせずわかりやすく。

そして、電話でのアクションに誘導させる方が強いのではと考え、細かなテキストには十分な注意をし、「安心・安全・信頼」という意識付けをしっかりとさせ、お申し込みのハードルを下げています。

車種の名前を散らばらせ、検索のHITも狙う

このランディングページの大きなポイントは、

・コンテンツとして、別ページが存在する

・日々追加更新できるような構成にしてる

ことです。

具体的にいうと、別ページに買取リストを用意しております。

このページはメーカーや形式による買取金額が表示され、

ソートして、今自分が売ろうと考えている農機具がいくらくらいで売却できるのかという点がわかるようになっております。

もちろん、ここは随時追加や変更は可能です。

ランディングページ運用から一ヶ月ですぐに結果は出始め、考えていた以上に「●●(メーカー名) 買取 金額」などの検索ワードでの流入が多くなっております。

今回のランディングページは広告費用をかけて運用するという概念を無くした、広告費用をかけずとも結果が出るランディングページの制作は今後の弊社の制作の幅を広げる結果を出しています。

ランディングページは「制作」→「広告運用」になっていませんか。

季節により、経済状況により、トレンドにより、求められるページは変動するのは当たり前です。

制作後、追加修正・運用管理をして初めてランディングページは結果が出るものだと考えております。

その中でランディングページを1ページのみでなく、複数ページのサイトとして運用していくというのは、今後当たり前のものになっていくのではないでしょうか。

今野優宇

お客様の期待値以上の成果物をお届けいたします。

レベルF株式会社は、ホームページ制作・運営コンサルティング会社を中心業務とし
都内、新宿・渋谷・池袋を中心に多くの企業様のお手伝いをしております。
ホームページのみにこだわらず名刺やパンフレットなどそれぞれ理想のお付き合いをさせていただくべく、
幅広いご提案をさせていただき、貢献させていただいております。
どんな些細な事でもお気軽にお問い合わせくださいませ。