レベルF株式会社

ワードプレスで固定ページのみ、トップページのみに記述・表示するページ分岐方法を改めてまとめてみた。
レベルF株式会社のブログとなります。
業務についてから社員のつぶやきまで日々更新してまいります。
HOME >レベルFのブログ > ワードプレス > ワードプレスで固定ページのみ、トップページのみに記述・表示するページ分岐方法を改めてまとめてみた。

ワードプレスで固定ページのみ、トップページのみに記述・表示するページ分岐方法を改めてまとめてみた。

WordPressでカスタマイズをしていくとheader.phpが複数になってしまったり、固定ページそれぞれにページテンプレート(page.php)を作らなくてはならない状況になりませんか?出力元phpは一つでも、それぞれページIDなどで振り分ける方法のおさらい兼備忘録。

正直この分岐コードを全て覚える必要性なんてないと思っているのでいつもその都度Google先生で調べています。
しかしいつも使うのであれば覚えるべきなのではとも思いつつも、それもちょっとと大変だなという結論に達したので、備忘録として自分用にまとめてみました。

いろいろなページ分岐タグのまとめ・一覧。

ワードプレスのトップページに関わる表示分岐

トップページのみに表示したい場合

トップページのみ表示したくない場合

条件の前に「!」をつけると、指定した条件以外になる。
これは覚えておくとよろしい部分。

トップページとそれ以外のページで表示内容を変更したい場合

※このはこれから説明する分岐の全てに利用できます。
is_homeとis_front_pageの2つの関数を指定しているのは、それぞれ場合によりトップページの表示方法が異なるからですね。
index.phpを利用している場合もあれば、「設定」の「表示設定」からフロントページ表示している場合もあるので2つ同時に指定します。

このトップページのみに表示したいページ分岐に関しては「front-page.php」を独自に作ってトップページとしている場合はあまり使わないかな??
使うとしたらheader.phpやfooter.phpの共通部分に対してなのかなと。

固定ページ(page.php)に関わる表示分岐

固定ページのみに表示したい場合

ここでいう、固定ページのみというのは、ダッシュボード内で「固定ページ」で作られたすべてのページを指します。
しかし、固定ページの中でも特定のページのみに表示したい!という場合も出てきます。
そんな時はページIDを指定してあげる。
パーマリンクをいじっているからそれぞれのページのぺージIDがわからない!という場合、固定ページ一覧から該当の固定ページのタイトル部分にカーソルをあててみましょう。

するとブラウザの左下に「…post.php?post=●●&action=edit」と表示されます。
この●●の部分がページIDとなります。

特定の固定ページのみに表示したい場合

特定の固定ページ(複数ページ)のみに表示したい場合

ちなみに、ページIDではなくスラッグやタイトルでも分岐は可能ですが、よほどの条件ではない限りあまり使わないかと。

この特定の固定ページのみに表示というのは結構使いますね。
「特定の固定ページのみに表示+カスタムフィールド」のコンボなど。

投稿ページ(single.php)に関わる表示分岐

投稿ページのみに表示したい場合

特定の投稿ページのみに表示したい場合

特定の投稿ページ(複数ページ)のみに表示したい場合

ここの指定でarray以下が10個も20個もページIDを記入しなくてはならなくなる場合は、長ったらしくなってしまいますね。
その場合はちょっと考えてください「あれ、この指定した記事はなんの共通点があるのだろう??」と。

ワードプレスはとっても優秀。
「特定のカテゴリに属する記事のみ」や「特定のタグが関連づけられた記事のみ」というグループごとでの分岐も可能!

特定のカテゴリーに属する記事のみに表示したい場合

そして、固定ページと同じくカテゴリーA(カテゴリーID「1」)、カテゴリーB(カテゴリーID「2」)のどちらかのカテゴリーに属している投稿記事のみに表示したい内容がある場合は

となりますね。

特定のタグがついた記事のみに表示したい場合

アーカイブページ(記事一覧ページ)についての表示分岐

記事一覧ページをつくるには、archive.phpやcategory.phpなどを作成することが一般的ですね。

アーカイブ(記事一覧ページ)のみに表示したい場合

こだわっていくと、アーカイブの中でもカテゴリーアーカイブに表示したい内容、タグ別アーカイブに表示したい内容まで分ける場合もあり、
さらにはカテゴリーの中で特定のカテゴリーアーカイブのみに表示したい場合も出てきます。

特定のカテゴリー一覧ページのみに表示したいなどの分岐が必要になる場合。

スラッグでも指定可能。

カテゴリーに属している記事のみに表示する場合と、カテゴリーページに表示する場合で記述が似ているので要注意。
意味合いが全く異なりますね。

アーカイブページ(記事一覧ページ)でページネーション(ページ送り)がついている場合、その一覧の1ページのみに表示したい場合などもありますね。
弊社サイトでいう、ここの部分。

2ページ目以降にはいらないなという場合。

アーカイブページ(記事一覧ページ)で1ページ目のみに表示し、2ページ目以降では表示しない場合

これは例えばカテゴリー一覧ページに対してカテゴリの説明文を表示している場合など。
ページ送りで次のページに移動してもまた説明文を出す必要もない場合など、各カテゴリーページの1ページ目のみに出したりします。

その他のページについての表示分岐

検索ページ(検索結果ページ)のみに表記したい場合

まぁsearch.phpがあるといえばありますが。

404ページのみに表記したい場合

検索ページと同じく404.phpで対処できる場合が多いですね。

今回のページ分岐タグについてのまとめ

このページ分岐タグを利用するとこんなことができる。
例えば一つのサイトで種類により異なる広告(バナー)を表示したい場合などは、

こんな感じになります。
今までワードプレスをカスタムしている中でテンプレートがどんどん増えてしまって困っている方、条件分岐タグを押さえておけばグッとテンプレートが少なくなり管理もしやすくなってきます。

この「ページ分岐タグ」とカスタムフィールド(例により Advanced Custom Fields )がおすすめを組み合わせることにより、
デフォルトのテンプレート一式のみで様々なレイアウトに振り分けることが可能になるのです。

同じような分岐タグで「PC」と「スマホ」の分岐タグなどもありますが、それはまた次の機会で。

ワードプレスのカスタム・オリジナルテンプレート作成は正直楽しいと感じている人も多いのではないでしょうか。
私もそうです、
各記事のエディター部分は極力シンプルに。
複雑な部分は大体テンプレートに吐き出しを。
を心がけております。そして楽しい。

しかし気をつけなくてはならないことは、「自分だけがわかるテンプレート」ではダメだということ。
第三者が見て分かり、使いやすいようにできるだけシンプルに作成することを心がけてみてください。


Pick Up

Blog Category

Newest Blog

Blog Ranking

  1. チェックボックスをcssをいじっておしゃれにする方法チェックボックスをcssをいじっておしゃれにする方...
  2. JQueryを使わずにCSSのみで画像ポップアップを実装してみました。JQueryを使わずにCSSのみで画像ポップアップ...
  3. スクロールしても着いてくる固定メニュースクロールしても着いてくる固定メニュー...
  4. ワードプレスで固定ページのみ、トップページのみに記述・表示するページ分岐方法を改めてまとめてみた。ワードプレスで固定ページのみ、トップページのみに記...
  5. 個人事業主の方にWix(ウィックス)よりもWordPress(ワードプレス)をおすすめする理由個人事業主の方にWix(ウィックス)よりもWord...

お客様の期待値以上の成果物をお届けいたします。

レベルF株式会社は、ホームページ制作・運営コンサルティング会社を中心業務とし
都内、新宿・渋谷・池袋を中心に多くの企業様のお手伝いをしております。
ホームページのみにこだわらず名刺やパンフレットなどそれぞれ理想のお付き合いをさせていただくべく、
幅広いご提案をさせていただき、貢献させていただいております。
どんな些細な事でもお気軽にお問い合わせくださいませ。