レベルF株式会社

企業のホームページリニューアルはいつすべきか
レベルF株式会社のブログとなります。
業務についてから社員のつぶやきまで日々更新してまいります。
HOME >レベルFのブログ > ホームページ制作について > 企業のホームページリニューアルはいつすべきか

企業のホームページリニューアルはいつすべきか

4月は引越しなどがあり、家具の買い替えなども行う時期です。
会社内でも人事異動などがあり部署としても会社の組織としてもリニューアルがされる時期です。
では、会社のホームページのリニューアルはいかがでしょうか?

4月になったと思ったら、あっという間にもうすぐゴールデンウィークが迫っていますね。
新入社員の方は研修や歓迎会などもあり、さらに今まで付き合う機会すらなかったかなり歳の離れた上司の方と一緒に過ごす時間も増え、心身共に多少の疲れが溜まってきている状態かと思います。
約2週間でゴールデンウィークですからそれまでの辛抱です。頑張りましょう。
と前置きはこの辺にして、本日のブログのテーマは『ホームページリニューアル』です。

4月は引越しなどがあり、家具の買い替えなども行う時期です。
会社内でも人事異動などがあり部署としても会社の組織としてもリニューアルがされる時期です。
では、会社のホームページのリニューアルはいかがでしょうか?

リニューアル時期

ホームページにも流行りがあり公開してから年月が経つにつれ見た目が古くなったり、掲載する情報量が多くなってしまいゴチャゴチャしてしまい、修正はするが構造上の不都合が起こってきてしまう場合にはリニューアルする必要があります。
しかし、何をもって構造上の不都合?どういうものが古いのか?などWEB制作に携わっている人でなければわからない事が多々あるかと思います。
車であれば車検があったり同じ車種のモデルチェンジがあるので買い替え時期がわかります。

ですが、ホームページに関しては今でこそホームページを持っている企業は多くなっていますが、持ち始めてまだ数年間ですからまだ更新を検討している企業は少ないのが現状です。

リニューアルするタイミング

では、リニューアルするのはいつが正解なのか?
これは正直なところ正解がありません。企業がホームページに対してどのように運用を考えているのかにもよりますし予算の事にも関わってきますので一概にはいつが良いとは言い切れません。
しかし同業他社のホームページを見て圧倒的に自社ホームページのデザインが古いなと感じた場合、それは真っ先にリニューアルの検討をする必要があります。
なぜならサイト訪問者が同業種のホームページを複数見た時に比べられてしまった結果、他社を選んでしまう可能性があるからです。
どうせなら綺麗な(見やすい・わかりやすい)ホームページを持っている方を選ぶのはお客様からしたら当然のことだからです。

また、情報量が増えてしまいサイト訪問者が目的のページに早く到達できなければホームページから離れてしまい、これもまた機会損失に繋がってしまうためリニューアルの必要があるかと思います。

普段ネットサーフィンする人は多くのホームページを見ていると思いますので、このサイトのデザインいいな、見やすい構成になっているな、と感じることもあるかと思いますが、その時に自社ホームページは少し古いなと感じた場合はリニューアルをする時期かもしれません。

ホームページは企業の顔と言っても過言ではありません。
名刺にはホームページのURLが記載してあります。すなわち取引先はホームページをかなりの確率で見ていると思った方が良いでしょう。

一般的な企業のホームページのリニューアルは4〜5年が多いようです。
これに関しては、デザイン等の流行りなどの理由があるかもしれませんが明確な理由があるわけではないのが現状です。

リニューアルするにあたって

とは言えホームページをリニューアルする時の手間や予算のことでなかなか踏み込めずにいる企業も多くあります。
その理由はさまざまありますが例えば、
・イチからまたドメインやサーバーを取得しなければいけないのか。
・どの程度のリニューアルで効果があるのか。
・どのくらいの期間がかかるのか。
など、リニューアルするにあたり不安な点もあると思います。

結論から言えば全て心配は要りません。
というのは制作会社はプロですから何でも出来ると言えば出来てしまうのです。予算の都合で出来る事と出来ない事はありますが、不安な点はクリアにします。
・今までのドメインを継続したままリニューアルしたい。
・ページ内の文章や画像は引き継ぎたい。
・ページ数は増やさず、綺麗に見せたい。
などはクリアにしてからリニューアルに着手しますので安心して大丈夫かと思います。

ホームページをリニューアルするメリット

・整理整頓すること

整理整頓が出来るとその後の更新作業が格段に楽になります。
更新作業を自社でやろうとする場合、昔に作ったものですと構造が複雑になっていて画像一つ変えるのにも複雑な作業になってしまいます。
しかしリニューアルして改めてサイト設計をすることでその後自社で管理する場合も楽に出来るうえにサイト訪問者にも使いやすいサイトになることで、結果的にコンバージョンの改善にも繋がります。

・内容の精査

ホームページを制作した当初にはなかった事業や反対に今はもうなくなってしまった事業などの精査も同時に行えます。
その際にはサイトのメニューなども変更するために結果的にユーザーに狙ったところへ誘導することが可能なホームページになります。

・デザイン面での見た目も向上

やはりWEBサイトの流行りの移り変わりは早いです。
しかし制作会社は最近のデザインを意識しつつ、すぐに古い(古く見えないように)と思われないようにデザイン面でも設計します。

・SEO対策

リニューアルするメリットの中で一番の理由といっても過言ではないSEO対策。
これはページ内に記述するキーワードを取引先やユーザーが検索する可能性がある新しいキーワードを盛り込むことで訪問者が増えアクセス数が増えることで結果的にコンバージョンの改善に繋がります。

まとめ

とは言え、10年前に作ったからリニューアルしなければいけないなんてことはありません。2年前に作ったものでもリニューアルの必要がある場合もあります。
これは企業によりホームページに対する考え方や予算の都合もあるためです。

ただし、企業のホームページは自社内の従業員に向けたものではなく取引先やお客様にどう見られているかが重要となるのでそこに着眼点を置き、考える必要があると思います。
ですので、現在ホームページを持っているが、なかなか目的が達成されていない場合はリニューアルすることは一つの手段だと思います。


Pick Up

Blog Category

Newest Blog

Blog Ranking

まだデータがありません。

お客様の期待値以上の成果物をお届けいたします。

レベルF株式会社は、ホームページ制作・運営コンサルティング会社を中心業務とし
都内、新宿・渋谷・池袋を中心に多くの企業様のお手伝いをしております。
ホームページのみにこだわらず名刺やパンフレットなどそれぞれ理想のお付き合いをさせていただくべく、
幅広いご提案をさせていただき、貢献させていただいております。
どんな些細な事でもお気軽にお問い合わせくださいませ。