レベルF株式会社

電車通勤になってブログを書いてコンテンツ追加することにしました。
レベルF株式会社のブログとなります。
業務についてから社員のつぶやきまで日々更新してまいります。
HOME >レベルFのブログ > 社員からの一言 > 電車通勤になってブログを書いてコンテンツ追加することにしました。

電車通勤になってブログを書いてコンテンツ追加することにしました。

最近引越しをしまして、自転車で片道20分かけて会社を往復していたのが、電車で通うようになって1ヶ月が経過しました。

今回は電車で通勤するようになって変わったことを書いて見たいと思います。

電車に乗っている時間は片道40分。
往復すると、1時間20分の間、電車に乗っていることになります。

ちょっと電車に乗っている時間は長い気もしますが、
幸いなことに行きも帰りも座って帰ることが出来るんです。

電車に乗っている間はただじっと駅に着くのを待つのもいいですが、乗車時間が40分もあり座っているので、本を読んだり、スマホを見たりできてしまいます。

ただスマホゲーム・スマートフォンアプリをして時間を潰すことも出来ますが、全く生産的ではないので、この時間を有効活用するためにいろいろ考えております。

電車の中ですること

自転車で通勤していたころはイヤホンでラジオや音楽を聴くなどしていた時期もありました。安全運転で無事会社に到着する必要があるのでまわりに注意を払いながら向かう必要がありました。

電車の場合は、迷惑を掛けなければ特にまわりを気にせず、乗っていれば目的地にたどり着きます。

そこで考えたのが下記の事です。

・他人のブログを読んでインプットする
・本を読んでインプットする
・がんばって仕事をする
・とりあえずブログを書く

ウェブから最新テクノロジーや時事ネタをインプットしてもいいですし、本読んで何か勉強をしてもいいかも知れません。

ノートパソコンで仕事をしてもいいでしょう。ただphotoshopやIllustratorを使って本格的にホームページ制作が出来るかと言うと正直画面サイズ的に厳しいです。出来たとしても、簡易的な資料作成、WordPressの簡単な修正、メールの返信くらいでしょうか。

そう考えると1番生産的なのがブログを書くことだと考えました。

何を隠そう今このブログを書いているのもオフィスではなく、実は電車の中です。
しかもスマートフォンでブログ投稿しております。
私はどちらかと言うとキーボードでカタカタ入力するのが性に合っているのですが、一旦スマートフォンで書いてみるとそこまで違和感はありません。

片道40分間の間に、1000文字ほど書くことが出来ます。
往復で大体2000文字です。

ネタに詰まりさえしなければ毎日1記事のブログを書くことが出来ます。

単純に一ヶ月20日稼働で往復したとして、一ヶ月20記事ずつ追加することが出来るのです。そう考えると侮れないと感じました。

そして、集中して執筆すると意外と40分という時間はあっという間です。

終わりに

いかがでしたでしょうか?
こういった電車に乗っている時間を有効活用することよって、
ただ座っているよりもより生産的なことが出来るのです。

ただ私はありがたいことに行きも帰りも座ることが出来ますが、ほとんど方が立ちながら電車に乗られていると思います。そういった場合でもスマホさえ持っていれば、文章を書くことが出来ますのでぜひ電車通勤で時間を持て余している方はお試しください。


Pick Up

Blog Category

Newest Blog

Blog Ranking

  1. チェックボックスをcssをいじっておしゃれにする方法チェックボックスをcssをいじっておしゃれにする方...
  2. JQueryを使わずにCSSのみで画像ポップアップを実装してみました。JQueryを使わずにCSSのみで画像ポップアップ...
  3. 要素が画面に表示されたら発火、jquery.inviewの使い方要素が画面に表示されたら発火、jquery.inv...
  4. スペースをうまく使ったシンプルで美しい名刺デザインの制作スペースをうまく使ったシンプルで美しい名刺デザイン...
  5. スクロールしても着いてくる固定メニュースクロールしても着いてくる固定メニュー...

お客様の期待値以上の成果物をお届けいたします。

レベルF株式会社は、ホームページ制作・運営コンサルティング会社を中心業務とし
都内、新宿・渋谷・池袋を中心に多くの企業様のお手伝いをしております。
ホームページのみにこだわらず名刺やパンフレットなどそれぞれ理想のお付き合いをさせていただくべく、
幅広いご提案をさせていただき、貢献させていただいております。
どんな些細な事でもお気軽にお問い合わせくださいませ。